偽物もありますが、写真交換は必須です

偽物もありますが、写真交換は必須です

サイトを使って出会いを求めると、たまに驚くほどブサイクな女に出会うこともあります。こういう女に下手に手を出すと、その後もしつこくされて面倒な場合が多いので、出会い系でセフレとか彼女を探すなら、ルックスの確認は絶対におこなっておくべきです。僕個人の勝手な偏見かもしれませんが、ブサイクな女の子は基本的に男に飢えています。だからこそ、男に求めるレベルも低く、言ってしまえば誰でもいいから相手してほしい、抱いてほしいと考えているので、都合のいい女をキープしておきたいという人にとっては好都合な相手なんですが、やはり僕の場合には、ある程度のルックスがないとキツいので、そういう人は避けています。最近の僕は彼女以上にセフレを探しているので、やはりルックス重視です。性欲を発散させるだけなので、身体さえ女なら何でもいいという人もいますが、僕には無理なんです。

過去、何度かキツいなと思う相手に会ってしまったことがあり、そのときは待ち合わせ場所で相手のことを遠くから見つけることができたので、急いで逃げることができましたが、もしも向こうが先に僕に気づいて声をかけられていたらと思うと怖かったです。そのため、今はサイトで女の子とやり取りがはじまると、しばらくした段階で写真の交換を必須条件にしています。女の子によっては写真の交換を避けたいと考えている子もいますが、これは交換しておくべきだと思っています。写真が嫌なら会わないと決めておいたほうがいいと思っています。もしかしたら、写真が嫌と言っているとんでもない美人かもしれませんので、そういう意味ではもったいないことをしているのかもしれませんが、それでも嫌な思いをするよりは良いと思っているんです。

また、今の出会い系はプロフィールに顔写真を載せられるのが当たり前になっていますので、交換なんかしなくても最初から相手の顔写真を見ることもできます。それでも僕の場合は、やり取りをする中で写真の交換をおこなっています。お互いにプロフィールに載せた写真以外のものを送り合うんです。これはプロフィールにある写真が本当にその子なのかどうかをチェックする意味もあるんです。そもそも今の時代、写真を1枚しか持っていないなんてあり得ませんし、撮ろうと思えばすぐに撮れるわけですから、写真の交換を嫌がるというのは、よほどルックスに自信がないと思ってもいいんじゃないでしょうか。せっかくならお気に入りの写真を送りたいと考えるため、そういうお気に入りの写真があまりないという人はいるでしょうが、やはり最低でも数枚はあるはずですから、写真がないということを理由に交換しないのは何かしら事情がある可能性が高いので、僕個人としては避ける相手だと考えています。

サイトのメリットっていろいろな相手に巡り合えることですが、だからこそ自分のタイプの相手かどうかをチェックしておかないと自分が損するだけですから、しっかり選んでおいたほうがいいと思います。そんな感じで今もセフレを作るために出会い系サイトにたくさんアクセスしていますが、僕は和歌山の紀の川市に住んでいるので、近場の子をまずは飲みにでも誘い出して、そのあとでセフレにするというパターンが、僕の最近のセフレの作り方です。前は恋人を募集しているような女の子とかも誘い出して、そこからセフレにしようとしていたこともありましたが、やはり本気の恋愛を探している子をセフレにするのは難関なので、最初から友達付き合いとかセフレ付き合いを求めている女の子を狙っておいたほうが話もスムーズだと思います。

人それぞれいろいろなセフレの作り方とかノウハウを持っていると思いますが、あくまでも僕の場合にはそんな感じです。もちろん、この方法はセフレを作りやすいという長所がある反面、そのほかの女の子との出会いのチャンスをスルーしてしまうという短所がありますので、あくまでも最終的には自分で判断して決めてください。また、セフレとしての関係がスタートしたら、とにかくマンネリ化は防ぎましょう。マンネリを感じると女の子はすぐに次の男を求めて去っていきます。そのため、毎回様々な刺激を与えたり、新鮮味を与えることを忘れないようにしましょう。僕はコスプレとかアダルトグッズとか、とにかく何かしらのアイテムに頼っています。そういうアイテムがあるだけでも新鮮だと思わせることができるんです。これって勝手に向こうが錯覚しているだけなんですが、意外と使えますよ。こんなテクも使いつつ、長続きさせてください。

和歌山県のセフレ掲示板を見る→

地域別検索