罪悪感を背負いながら、妻に嘘をついて浮気をしています

罪悪感を背負いながら、妻に嘘をついて浮気をしています

大津市に住んでいる36歳のサラリーマンです。すでに結婚6年目ですが、最近頑張っているのは仕事ではなく、浮気です。最低と言いたければ言ってください。しかし、今の自分にとってはそれが楽しくて仕方がないのです。正直、嘘をついて女性と会っているので多少の罪悪感はありますが、妻は妻で僕の知らないところで遊んでいるような気配がありますし、この点ではお互い様なのではないかと思っています。そのため、最近はほとんど罪悪感も持っていません。しかし、バレることだけは何がなんでも避けようと頑張っています。じつは以前に失敗しているからです。

どういうことかと言えば、妻にバレてしまっているのです。以前、出会い系サイトの掲示板に書き込みに返事をしてくれた女性と知り合い、いい感じの関係が続いていました。向こうは僕が既婚者であることを理解した上で付き合ってくれていましたし、自分の中の予定では数年は楽しい毎日を過ごせるはずでしたが、あるときメールを見られてバレてしまったのです。すべてがバレたわけですから、その時点で終了です。彼女とは別れることになりました。これを機会に妻も外に男を求めるようになったようで、今は完全な仮面夫婦のようなものです。

お互いに嘘をついているので、こんな夫婦関係ならば終わらせてしまえば良いと言われそうですが、さすがに離婚となるとお互いの家のこともありますし、なかなか面倒なので、お互いに面倒で言い出さない状態になっています。そのため、僕は僕で相変わらず出会い系サイトの掲示板を覗いたわけです。そこで知り合ったひとりの女の子と今は継続して会っています。彼女は21歳で女子大生です。若いだけでも素晴らしいのですが、そこに女子大生というブランドが乗っかるとさらに素晴らしいものがあります。

前回の反省もあって、最初は一度きりで会おうと決めていたのですが、彼女の見た目と体、そして声やテクニックなどあらゆる要素を気に入ってしまって、離れられなくなりました。前回の反省というのは、定期的に会って連絡を取り合うと、また妻に証拠をおさえられてしまうような気がしたからなのですが、彼女に会ってからはそんなことさえどうでもよく感じられるようになったのです。とはいえ、証拠を残さないように配慮はしています。今はLINEが主な連絡手段となっていますが、ここに履歴は残さないようにしています。

毎回、連絡が終わると待ち合わせ場所などはスケジュール帳にニセの名前で書き込んで、履歴自体は消してしまっているのです。そうすることで一応は証拠は何もないようにしています。妻はもしかしたら離婚を目指しており、慰謝料を高額にするための証拠を集めようとしているだけかもしれないと思っているので、その点は気をつけているんです。これまでの夫婦生活とはまったく違った関係になっていますが、それも含めて今は楽しんです。家庭にいて妻の顔を見ていてもイライラするようなことはありませんし、向こうもそんな感じです。

そういう意味では以前よりも夫婦関係は良くなっているような気がしています。何よりも彼女の存在が大きいです。彼女は若い以外にも優れたポイントがたくさんありますので、欲求不満なんてありません。それに以前の浮気相手や妻などとは比べ物にならないほどのテクニックを持っています。特に舐め方に関してはケタ違いのテクニックを持っていますので、毎度最高レベルの快楽を与えてくれるんです。以前の浮気相手と会っていたときには、遅刻したこともありましたが、今は皆無です。とにかく彼女に会いたくて仕方がない状態ですから、仕事の会議や打ち合わせ以上に早いタイミングで待ち合わせ場所に向かっているほどです。

もちろん、だからと言って仕事を適当におこなうようなことはありません。やはり、きちんと収入がなければ今の楽しい流れが断ち切られてしまいますので、それだけは避けておきたいんです。そのため、仕事は今まで以上に頑張っていますので、そういう副作用も生まれていると言えます。自分にとって仕事なんていうものはどうでもいいものに等しいほど、そこまで大きなやる気を見出したことはなかったんですが、今は大きなやる気を抱えて過ごしています。楽しい時間は少しでも長いほうが精神衛生上も良いわけですから、この時間だけは手放さないように頑張っていきます。どうしょうもない男かもしれませんが、これはこれで楽しい日々だということを分かってください。

滋賀県のセフレ掲示板を見る→

地域別検索