質の高いデートがセフレへの近道です

質の高いデートがセフレへの近道です

「身体だけの関係でも構わないので、セフレを作って欲求不満を解消したい」という、都会のお約束ともいえそうな割り切った関係を望む女性は、やはり東京にも多いようです。こんな女性は、一見、物分りが良く、大人の関係を築くのも別れるのも簡単そうと思われがち。

しかし、実はハードルが高いのが、このタイプの女性なのです。相手がセフレであっても「擬似恋愛を楽しめなければ、身を委ねられない」という女性は東京に限らず、多くいます。しかし、彼女たちは、特にその傾向が強いのです。それは、心と身体のバランスがとれなければ、つまり、心が満たされなければ、身体の関係を育む気になれない、ということ。

「それってセフレではなく、彼氏では?」とも思ってしまいますが、そこは曖昧にしておきたい、というのが、彼女たちの本音なのです。そして、お察しのとおり、そのハードルの高さが、欲求不満の元になっていることも多いのです。

この場合、彼女たちの心を溶かす近道は、あえて曖昧な関係を楽しみ、もてあそばれる時間をつくること。まず、プロフィールで「大人の付き合い希望」の明記は必要ですが、それを強調するのは逆効果です。あくまでさらりと提示するにとどめ、どんな仕事をしているか、どんな本や映画が好きかなど、他の部分をできるだけ具体的に提示しながら、たえず相手の気をそらさないよう、毎回質問を絶やさないようにしましょう。

ここでのポイントは、「山と海、どっちが好き?」「今気になっている映画は?」など、回答を重ねるごとに、相手がデートを具体的にイメージできるような質問や会話を続けること。相手の好みをリサーチしつつ、相手自身にそのイメージを繰り返し表現させると、相手も「そのイメージを実現化したい」という暗示にかかりやすくなります。デートに漕ぎ着けやすくなるのですね。

さらに、そのデートでは、相手との相性をしっかり確かめ、対策を練ることを心掛けてください。「そんな悠長なことをしていたら、欲求不満はつのるばかり」という声が聞こえそうですが、そこは気の持ちようです。男性・女性を問わず、「身体だけの関係」を切実に求めている時こそ、実は心が飢えているもの。そういうときこそ、焦らずじっくりデートを楽しんだ方が、セックスでの満足感も十分に得られ、欲求不満もかえって解消されるはずです。

デートこそ、満足度の高いセックスへの下地作りととらえましょう。

東京都のセフレ掲示板を見る→

地域別検索