京女を狙うなら頭脳プレイに徹してください

京女を狙うなら頭脳プレイに徹してください

京都などは、まさに古都の風情あふれ、恋愛の舞台にぴったりの観光地が多く、旅先の出会いが大いに期待できそうですね。それに、京都といえば「はんなり」の代名詞ともいえそうな、きめ細やかで配慮の行き届いた京女との出会いをつい期待しがちですが、ちょっと待ってください。

観光客の多さもさることながら、京都は、人口あたりの大学数が全国一という学生街でもあります。地元出身ではない若い在住者も多く、セフレ作りの間口はずいぶん広めなのです。そんな京都は、出身者ならずとも、学問や芸術など知的な話題を好む人が多い土地柄。

いくらセフレが欲しくても、くれぐれもあからさまな下ネタは避けましょう。そして、京都の悪口はもちろん、地域ネタは、下ネタ以上に鬼門です。京都人の場合、自分の地元を悪く言っても(そして結構そういう場面は多いのですが)、「他人が地元をこき下ろす」のは絶対に許せない人が大半です。

特に、東京へのライバル意識はかなり強めなので、関東の人は特に注意が必要です。その一方で、褒められることに慣れているので、お世辞には動じません。最初に京都出身かどうかを尋ねておくのも、地雷を防ぐ第一歩かもしれませんね。

相手が京女の場合は、頭脳プレイに徹することを心がければよいでしょう。いっそのこと、一筋縄ではいかない、かの「いけずっぷり」を堪能すべく、丁々発止のやりとりをプレイとして楽しめば、かえって知性をアピールでき、関心を持たれるきっかけになりそうです。

また、京都人の「本音と建前の使い分け」は、外部の人間にとっては「嘘つきでは」と感じられることしばしなので、これまた、いっそ相手の嘘も込みでプレイに応じましょう。ただし、先方がそうであっても、「じゃあお互い様だろう」と虚偽の申告をするのは、マナー違反です。

そして、京都人は相手の足元をみるようなマナー違反には敏感で厳しい人々でもあります。さて、旅先での出会いは、その場限りの遊びになることが多いという特徴があります。あとくされのないセフレと付き合いたい場合は、メリットといえるかもしれません。

ただし、関係をきちんと保っていきたいという人は、その後も無精にならず、きちんと連絡を取りましょう。

京都府のセフレ掲示板を見る→

地域別検索